クラミジア 

クラミジア 

クラミジアの原因や症状などの情報を紹介。

買い時通販 > クラミジア 

 原因

日本ではもっとも多いといわれる感染症の一つといわれてるくらい
広まっています。

しかしこの性病は相当な重症になるまで症状が出ないので
感染していても気がつかない場合が多いそうです。

しかし感染したまま放置しておくと、女性の場合、
子宮頚管炎や子宮内膜炎、さらには不妊症にまでなることもあるので
治す必要があります。

またオーラルセックスも感染の原因となります。
もう1つ言えば、細菌の一種ですから、口の中にも感染します。

なので、キスだけでも感染する可能性があるというわけです。

クラミジア 治療

治療法として。

男女ともに有効な抗生物質を1日~7日間飲みます。
炎症がひどくて腹痛や発熱がある場合は、点滴による治療が
必要になることもあります。

治療後に再度検査を行い、結果が「陰性」になっていることを
確認できれば「完治した」といえるでしょう。

パートナーがいる場合は相手も同時に治療する事が重要です。

どちらか一方しか治療を行わなかった場合、せっかく治っても、
治療後に性交渉を行えば治療してないパートナーから
再び感染することになり、いつまでたっても完治できません。

治療後の検査で再度「陽性」が出た場合は、
抗生物質の種類を変えて結果が「陰性」になるまで治療を行います。




【淋菌・クラミジア検査セット 女性用】感染したと思われる日から検査可能!

クラミジア  トップへ戻る