フケ

フケ

気になる頭皮の悩みの原因と対処法を紹介。

買い時通販 > フケ

フケの原因

フケの原因として最も意外なものは、シャンプーなのです。

シャンプーというと、当然髪の毛を洗うもので、頭皮を洗う事にもなります。

フケが付着している場合はそれを落としますし、
皮脂や頭皮に付いた菌を洗い流す事もできます。

つまり、シャンプーとフケは敵対関係にあると言っても良いのではないか。

それが、何故か友好関係とも言えるフケ症の原因となるのでしょうか。

シャンプーはラウレス硫酸ナトリウム、保湿剤、増泡剤、防腐剤など、
様々な材料を成分としており、その中にもしかしたら皮膚と合わない成分が
混じっている可能性もあります。


その場合、シャンプーは洗髪の為の洗剤から一転、
頭皮を痛める要因となります。

そして、頭皮が痛めば、その分新陳代謝を早めてしまい、
さらに増えてしまいます。
同じような事がリンスや化粧品にもいえます。

これらは、一歩間違えると頭皮を痛める可能性があるものなのです。
さらに厄介なのは、シャンプーやリンスが頭皮を痛めるという事など
夢にも思わないという人が多い事です。

実際、洗うためのものがその逆の効果を生み出しているなど、
普通は思わないでしょう。

もしシャンプーによって症状が悪化したとしても、
それが原因である事に気が付くというのはなかなか難しいでしょう。

そういう意味では、数ある原因の中で一番特定が難しいものと言えるでしょう。

もっとも、解決策に関しては簡単です。
シャンプーやリンスを別のものに変えるだけですから。
ただし、他のシャンプーでも改善されないようなら、それはそれで問題です。

お医者さんに相談してみましょう。

フケの治し方

フケの原因には、添加物、頭皮の角化、過剰な皮脂、
頭皮の乾燥、微生物の増殖、皮膚疾患などがあり
頭皮の状態がアルカリ性に傾いている傾向があります。

頭皮への刺激によって発生した場合等は注意が必要ですが
頭皮がアルカリ性から弱酸性の健康な状態に変化する事で
毛穴に溜まっていた、老廃物を押し出し発生する場合もございます。
これは喜ばしい事なのです。

一時的にフケが出たとしても、そんなに心配する事ではありません。


頭皮がアルカリ性から弱酸性の健康な状態に変化する事で
毛穴に溜まっていた、老廃物を押し出しフケが発生する場合を
除いた解決方法です。

簡単な方法ですが、たいていの場合ヘアケア商品を変えれば治る事が多いのです
頭皮に合っていないヘアケア製品を使用していると、フケが出ますので
刺激の少ないアミノ酸系のヘアケア製品で保湿効果のある物を使用しましょう。

また、別の方法で治す方法もあります。

干ししいたけのもどし汁と大根のおろし汁を飲むと効果的と
言う話も聞きます。

さらにいえば、シャンプーの時間も関係してきます。

シャンプーの時間を短めにして、すすぎに時間をかける。

この方法も、有効な対策といえます。

フケ トップへ戻る